HOMEゼミナール 村上 祐紀 ゼミ

村上 祐紀 ゼミ

  • Q
    このゼミでは何を学ぶことができますか?
  • A
    本ゼミナールのテーマは「近代日本の文学・文化研究」です。小説や詩、映像などをただ「読む」(鑑賞する)だけではなく、日本文学や日本文化を通して分析的に「読む」方法について学ぶことが大きな目的です。その上で、自身の言葉で表現・発表できる力を身につけることを目指しています。そのため、本ゼミナールでは「読む・書く・話す」といった総合的な学びをおこなっています。
  • Q
    普段のゼミでは、どのような活動をしていますか?
  • A
    ゼミナールの活動は、学生主体によっておこなわれています。普段の授業では、あるテキストを全員読んできた上で、担当者がレジュメを作成して報告を行い、その後全員で議論します。必要があれば、教員の方で確認や補足をおこないます。最終的には、自身で設定したテーマを基に卒業論文を執筆してもらっています。2年ゼミでは、日本近代文学の基本から学びますので、基礎的な知識がなくても大丈夫です。また、他学年と合同で研究を進める活動やフィールドワークもおこなっています。2~4年合同のゼミ合宿もありますが、すべて学生間で協力しながら実施しています。
  • Q
    卒業生の進路状況について教えてください。
  • A
    出版、新聞社、IT、物流、保険、食品メーカー、福祉など様々です。海外で日本語教師として日本語を教えている先輩もいます。
  • Q
    先生のご専門とゼミの関係について教えてください。
  • A
    専門は近代日本文学で、中でも森鴎外を中心に研究をおこなっています。ゼミでは私の専門にとらわれず、学生と一緒に様々な時代の作品を読むようにしていますが、そうすることで私自身知識や見解が深まることも多くあります。そのため、ゼミでは多くの学生が発言する機会を大切にし、これまで読みたいという気持ちはあったがどうしたらよいかわからない、という学生にも読む楽しさを知ってもらえるようこころがけています。そうした活動の中で、学生が森鴎外に多少興味を持ってくれた時は少し嬉しくもあります。

TOOLS