HOME政経学部NEWS
2021年03月23日NEWSゼミナール

学生活動の紹介:八木海輝さん(村上祐紀ゼミ)

奨学論文優秀賞を受賞

4年 政経学部・経済学科 八木海輝さん

論文:「日本におけるヘルマン・ヘッセ ―『車輪の下』は教養小説か―」

この度は奨学論文優秀賞をいただき誠にありがとうございます。私は卒業論文を奨学論文として提出したので、論文が完成した時点で4年間の大学生活の成果を形に残すことが出来たと考えていました。それがこうして賞を頂けたことで、その成果が優秀賞という結果としても残せたことは非常に嬉しく、そして光栄に思います。
この論文は執筆にあたり、学生生活で読んだ中で最も面白かった小説である『車輪の下』を自分なりに解釈したいという思いがありました。その動機として、先行研究が私個人の感想と相反していたり、想像の埒外だったりする論が、強い根拠の元に論じられていた為、徐々に先行研究への反骨心が芽生えていったことにあります。主流の研究から離れ、受容そのものを否定する論が完成したことは、研究の達成感とは別に、自分の感想の補強にも繋がり、とても満足したものを書き上げられたと考えています。
とは言えこの論文は私の力だけでなく、村上先生の手厚いご指導や幾度にも渡る添削、基本的な誤字修正から内容の相談まで乗ってくれた他ゼミ生のおかげであり、自分ひとりでは成し遂げられませんでした。この経験と結果は、これからの自分の中で大きな自信に繋がっていくと考えています。今回の受賞、誠にありがとうございました。

八木海輝さん

八木海輝さん

TOOLS