HOME政経学部NEWS
2021年02月13日NEWS

卒業を迎える4年生へ ~ 政経学部長メッセージ

政経学部長 井上 治
  
すでに卒業確定の皆さんはおめでとうございます。まだ確定していない皆さんは最後まであきらめずに頑張ってください。
さて、皆さんにとって学生生活の集大成ともいえる最後の1年間は、新型コロナウイルスの感染予防のため校内への立ち入りが制限されたばかりでなく、授業もほとんど遠隔となってしまいました。皆さんと直接お会いする機会を失ったことは、私たち教員にとっても大変残念なことでした。と同時に、これで大学が学校としての役割を十分に果たしうるのかという一抹の不安もありました。
学校はただ単に知識を修得するための場ではありません。「学校」を意味する英語の「school」の語源は「余暇」を意味するギリシア語の「schole」といわれていることからも明らかなように、学校はそこに集う人々がともに語り合い、学びあい、ときに遊び、ときにスポーツに励むことで人間性を高めあう人格陶冶の場でもあります。遠隔授業でも専門性を高めるための知識の修得はできるでしょうが、果たして人間性の成長も可能なのかということが最大の不安材料でした。
しかしながら現実には皆さんがそうした不安を拭い去ってくれたように思います。というのも予想よりはるかに多くの学生がオンラインによるゼミナール発表会や紅陵祭などに参加し、学部奨学論文や部活動の自主練にも積極的に取り組んでくれたからです。コロナウイルスのパンデミックという困難な状況下でも自ら取り組むべき課題をみつけ、進むべき道を切り拓いてきた皆さんには改めて敬意を表したいと思います。
皆さんは間もなく卒業となりますが、これで大学との縁が切れるわけではありません。私たち教員はこれからも皆さんを歓迎します。どうぞ卒業後も学友として母校の発展のために力を貸してください。そしてこれまでの、あるいはこれからの経験に根差した厳しいご意見をお寄せください。
皆さんのさらなる飛躍と活躍を期待しています。

TOOLS