HOME政経学部NEWS
2020年06月15日ゼミナール

高橋智彦ゼミナール FPがオンラインゼミで金融基礎教育や学生へのアドバイスを実行

政経学部の高橋智彦ゼミナールでは毎年6月頃に外部から講師を招き、金融基礎教育を行っています。本年も昨年好評だった岩上敏秀ファイナンシャル・プランナー(以下FP)をお招きすることを早くから予定していましたが、新型コロナでの自粛期間が長引いたこともあり、6月11日にオンラインでの開催となりました。岩上氏はFPの最高位の資格であるCFP、FP技能士1級であり、金融機関などと独立していわかみFP事務所を営む独立系FPです。
2年生は「私たちの生活とお金の知識」で今の金利でお金を預貯金で倍にするには7千年近くかかることや、迂闊に借金をすると借金を返すのに思わぬ年数がかかることを学びました。

200611_fpse1_news

200611_fpse2_news

3年生は「企業分析のキホン」で財務諸表を読むことで会社の安全性、成長性、収益性を見ることができることや、家計でも企業でも一見、順調に見えるところが借金で苦しくなることを計算問題とともに確認しました。
今回、よりよいオンラインゼミを行うべく、岩上FPには多忙の中、事前のリハーサルで何回も画面環境などを確認して頂きました。学生はチャット機能で自分の思ったことをリアルタイムで書いたり、「いいね」マークを出すことで双方向性のあるものになりました。
なお当初は予定していなかった4年生のゼミにも部分参加して頂き、岩上FPが長年金融機関の人事部にもいたご経験からWeb面接の通常の面接と違う点のアドバイスを頂きました。
オンライン授業でもリアルの授業以上に充実した内容を届けていきたいと思います。

TOOLS