HOME政経学部NEWS
2019年02月01日NEWS

アクティブラーニング科目『地域安全論』(官学連携)活動紹介

​担当 渡邉泰洋

①外部講師(警視庁管理官)による講義と質疑応答

警視庁担当者により、都内の犯罪状況とくにオレオレ詐欺を含む特殊詐欺の実態について講義があり、履修者との間で質疑応答が行われました。
 

20190128_seikei_01

20190128_seikei_02

②社会調査の専門家による調査方法の指導

特殊詐欺に関するアンケート作成に向けて、グループごとに要点などの指導を受けました。

20190128_seikei_04

20190128_seikei_03

③学外におけるフィールド・ワーク

都内スーパーの協力を得て、スーパー内でとくに高齢者を対象にアンケートとインタビュー調査を実施しました。

20190128_seikei_05

20190128_seikei_06

20190128_seikei_07

④寸劇実演に向けてのシナリオ作成

特殊詐欺防止を目的とした寸劇実演に向けて、グループごとにシナリオと役者担当などを話しあいました。

20190128_seikei_08

20190128_seikei_09

⑤劇作家による演技指導

経験豊富な劇作家が履修者にシナリオと演技のチェックを指導しました。

20190128_seikei_10

20190128_seikei_11

⑥実演会開催と専門家による講評

今回は予定していた高齢者を対象とする寸劇講演とはなりませんでしたが、グループごとの寸劇に警視庁や東京都青少年・治安対策本部の方々が参加され、講評を頂きました。

20190128_seikei_12

20190128_seikei_13

⑦最終授業における研究成果発表

これまでの講義、アンケート結果の分析、文献の渉猟などに基づき、グループごとの研究テーマ「加害者」「被害者」「手口」「捜査」「予防」につき、成果発表を行いました。

20190128_seikei_15

20190128_seikei_14

TOOLS