HOME政経学部NEWS
2015年09月11日ゼミナール

大阪大学「実践英語(e-learning夏季コース)」 参加報告

平成27年8月10日(月)、政経学部 岩崎光一 准教授(英語担当)が、大阪大学 豊中キャンパス サイバーメディアセンターにて行われた、「実践英語(e-learning夏季コース)」に参加しましたので報告します。
 昨年同様、大阪大学 言語文化研究科 言語文化教育講座ご担当である、小口一郎 准教授による司会のもと、夏季コースに参加している学生を対象に、「TOEICテストの受験戦略」という題名で、TOEICテスト受験に向けた、英語学習方法や受験ストラテジーについて、文系学部所属学生と理系学部所属学生を対象に、合計2回の講義を行いました。講義では、TOEICテストにおいて出題傾向にある英文法項目について、認知言語学的なアプローチを取り入れ、学生の皆さんが、受験対策のみならず、英文法を体系的に、かつ実践的に理解することができるような工夫も取り入れました。

20150911_e-larnig

講義終了後は、小口一郎 准教授との間で、大学英語教育におけるTOEIC活用、そして、大学生として求められる英語力養成のための指導方法や教材作成など、大学英語教育について幅広く意見交換を行うことができました。
講座担当3回目になりますが、このような形で、大阪大学と拓殖大学の間で、継続的に教育交流を行うことができ、とても喜ばしいことと思っています。なお、今回は、本学大学院 言語教育研究科修了生、現浦和実業学園高等学校、英語科教諭の矢ヶ崎邦彦先生にも同行していただき、将来に向けての高大連携英語教育の可能性についても、貴重なご意見をいただきました。

今後も、両校のこのような密接な関係をますます深めていきたいと思っています。また、これまでのTOEIC指導の経験をもとに、『Essential Grammar for TOEIC Test-TOEICテスト英文法徹底攻略』(南雲堂 2015年3月)を出版することができました。今後とも、このような取り組みを続けていきたいと思います。

TOOLS