政経学部

ホーム > 政経学部とは? > 政経学部の学び方

政経学部の学び方

入学前教育から希望する進路の実現まで。
4年間で大きくステップアップできる環境です。

法律、政治、経済の複合的な学びに、基礎から段階的に取り組んでいきます。「わかりやすさ」と「関心分野を探ること」を重視した、独自の教育を展開しています。


◆ 集中的な早期教育
学問の土台を築き、効率的な学びをプロデュース。
年内試験合格者を対象に「入学前教育」を実施。事前学習を通して基礎学力の向上と入学後のスムーズな学びをサポートします。入学後は「新入生オリエンテーション」で時間割の作成ポイントや単位取得の方法、卒業までの流れなどをレクチャー。ビジョンをもって4 年間を学べるように導いていきます。また、入学後の1年間は「アカデミック・スキル」で情報収集の方法といった大学での学習に関する基礎知識などを担当教員のきめ細かな指導を通して学ぶことができます。

集中的な早期教育

◆ 2学科による専門教育
「なぜ?」を徹底追求し、総合的思考力を養います。
多様な資格・検定への挑戦をサポートします。

法律政治学科と経済学科の2学科を設け、専門領域にアプローチします。いずれの学科でも「なぜ?」の追求を重視。多角的な視点から問題の本質を探り、柔軟に解決策を構築できる総合的思考力を養います。

2学科による専門教育

◆ 地域研究
世界の各エリアにおける社会の仕組みを理解。
国際社会への理解を深めるアプローチとして「地域研究」があります。アジア、アフリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパにおける社会のあり方を総合的に学び、幅広い視点を身につけられます。

地域研究

◆ 資格取得
多様な資格・検定への挑戦をサポートします。
各種資格や検定試験へのチャレンジを全面的にバックアップしています。さまざまな資格に必要となる法律や経済の専門知識を、多様な専門科目を通して無理なく身につけられることも学部の大きな魅力の一つです。

資格取得

ホーム > 政経学部とは? > 政経学部の学び方

このページの先頭へ