政経学部

ホーム > ゼミナールの紹介 > 守山 正ゼミナール

守山 正ゼミナール

犯罪学・刑事政策研究


Q1 このゼミは何を目指していますか?

A1 このゼミでは、学習内容として犯罪、犯罪者問題を扱いますから、いわば人間の不幸、闇の部分を研究します。なかなか楽しく、うきうきしながら勉強することはできない領域です。実際、ゼミ生には、最初から、犯罪を憎み、犯罪者は許せないという態度を持たぬように求め、人の心の闇を理解することから始めます。犯罪者も人間であり異常な人ではないこと。これは刑務所などを見学すると、その効果が現れます。ゼミに入って犯罪観・犯罪者観が大きく変わる学生もしばしばみられますが、このゼミはいわば、学生の世界観の変化を目指しているとも言ってもいいでしょう。


Q2 このゼミの特徴な何ですか?

A2 授業でゼミ生が自ら選択したテーマにつき研究発表し、それについて他の学生が議論に参加するのはどのゼミでも同じですが、このゼミでは学生の発表内容に対してピア・レビューを取り入れている点が特徴的で、発表につき他の学生が採点し、基準に達しない不良者には再発表やレポートが求め、発表の質の向上を図っています。
 もっとも、このゼミの最大の特徴は、授業内容と学外活動との融合にみられます。つまり、「理論と実践」です。これまで、東京都、警視庁などと連携し、ひったくり現場調査、おれおれ詐欺防止寸劇上演を行っていますが、昨年は万引き防止「声かけ」実験などを行って、その成果が認められ、警視庁生活安全部長賞、拓殖大学特別奨励賞、社会人基礎力育成グランプリ学内最優秀賞を受賞しました。


Q3 教員と学生の関係はどうですか?

A3 一般の学生からすると、担当教員はコワいというイメージが強いようです。それはおそらく一般の講義で授業態度をかなり厳しく注意するからでしょう。しかし、実際はそのようなことはありません。ただ、犯罪学などを学ぶ学生には、それなりにルールの重要性は理解して欲しいと思っていますし、当然、そういう方向でゼミでは指導を行っています。このようなやり方を理解できる学生とはきわめて友好的ですし、卒業後も研究室を訪れるOBは少なくありません。


Q4 卒業生の進路状況について教えて下さい。

A4 このゼミは警察官ゼミと思っている人が多く、確かに警察官志望者が集まって、例年数名がその方向に就職しています。とくに、スチュワーデスになるよりも難関の女子警察官試験に毎年合格しています。しかし、実際の職種は多種多様で、一般企業はもちろん、大学教員、刑務官、検察事務官、少年院教官、地方公務員、高校教員などのほか、新聞社、政党本部などもあり、今年度は司法試験にも合格者が出ました。


先輩たちからのメッセージ


買い物コンシェルジュ風景(渡邉ゼミと合同)
守山ゼミナール(犯罪学・刑事政策研究)

政経学部法律政治学科4年 松橋遼明

3,4年合同ゼミのため、30名前後でゼミ発表の議論を行っていますが、活発な質問や意見が出て、大変賑やかです。また研修旅行や合宿も、2,3,4年の3学年合同で、学年の垣根を越えて交流できるアット・ホームな雰囲気が漂っています。さらに、このゼミの伝統として学外活動を行い、実際、万引き防止活動「買い物コンシェルジュ」では理論が実際の現場で実証され、万引き削減の成果を挙げることができました。このように犯罪学を肌で学ぶことのできるユニークなゼミです。先生は海外の事情にも詳しく、新しい刑事政策を目指されており、それが課外活動の実験にもつながっています。見た目は近寄りがたく厳しい先生ですが、実際には人を笑わせるが好きで、かなりお茶目です。


政経学部法律政治学科4年 小林彩香

ゼミの魅力は、何と言っても研修旅行と課外活動です。研修旅行では刑務所、少年院、警察学校など日頃見学できない場所を訪れ、刑事司法機関が実際、どのような活動をしているか、犯罪者がどのように更生していくのかを理解できました。また、課外活動では警察や地域、企業の人々と日常会話を交わしながら活動ができ、達成感・充実感を味わうことができるまたとない機会でした。どんな時にも共同で立ち向かい、励まし合うことができ、一生の宝となりました。曲がったことが嫌いな先生ですが、困ったときにはいつでも力を貸してくれます。また人脈の広い先生のおかげで外部の人とも交流でき、視野が広がりました。


日比谷公会堂での万引き防止キャンペーン
守山ゼミナール(犯罪学・刑事政策研究)

政経学部法律政治学科4年 児玉祐輔

このゼミは警察を目指す人が入るイメージがありますが、犯罪学自体に興味を持って入った人も少なくなく、 3,4年生がゼミ発表や課外活動で互いに切磋琢磨しあい、良い刺激となっています。このように学年を超えた交流がゼミの雰囲気を楽しくして、一体性をもたらしています。先生もまじめな話から笑いの話まで多様で、楽しい場を作り出してくれます。課外活動の万引きキャンペーンでは、日比谷公会堂でお笑いタレントと万引きを巡るクイズも行ったりして、大学に入って新しい体験もしました。新しい自分を見つけたいのであれば、このゼミはお薦めです。



合宿の懇親会風景(山中湖)
守山ゼミナール(犯罪学・刑事政策研究)

警視庁表彰授賞式(渡邉ゼミと合同)
守山ゼミナール(犯罪学・刑事政策研究)


(2015年11月2日)

関連ニュース

ホーム > ゼミナールの紹介 > 守山 正ゼミナール

このページの先頭へ