政経学部

ホーム > 政経学部 > 政経学部情報NOW! > ニュース > ゼミナール > 【政経学部】白石 浩介 教授が「日本経済新聞」に寄稿しました

ニュース

【政経学部】白石 浩介 教授が「日本経済新聞」に寄稿しました


政経学部の白石浩介教授が、「頓挫した夫婦控除の創設」という共著論文を、 日本経済新聞社「経済教室」に寄稿しました(共著者は、高山憲之(公財)年金シニアプラン総合研究機構理事)。

平成29年度税制改正において、主要テーマとなっている所得税における配偶者控除の見直しについて、 全国6万7千人の個票サンプル(日本人口の約2千分の1)を用いて、課税の影響を多角的に試算することから、今後の税制改革のあり方を探ったものです。


・掲載媒体:「日本経済新聞」本紙 2017年1月10日
・関連論文:高山憲之・白石浩介(2016)「配偶者控除見直しに関するマイクロシミュレーション(Ⅰ)」『年金研究』第5号所収(Web Journal)。

掲載日:2017年01月10日

ホーム > 政経学部 > 政経学部情報NOW! > ニュース > ゼミナール > 【政経学部】白石 浩介 教授が「日本経済新聞」に寄稿しました

このページの先頭へ