政経学部

ホーム > 政経学部 > 政経学部情報NOW! > ニュース > ゼミナール > 【政経学部・松井ゼミ】欧州の対外広報戦略を考える校外学習

ニュース

【政経学部・松井ゼミ】欧州の対外広報戦略を考える校外学習

本年度のゼミでは、グローバル経済・社会の立体的な把握を重点課題に位置付けており、 5月には港・千代田区で米州地域の一体性を考える校外学習を実施しました。今回(7月5日)の校外学習は、 欧州3か国の文化センターを巡って対外広報戦略を考える事が趣旨です。

最初に神楽坂にあるブリティッシュ・カウンシルを訪れました。英国留学の情報提供スペースは最小限にとどめる一方で、 個人向けの英会話ビジネスだけでなく高等教育・大学の国際化に関するコンサルティング等の法人向けサービスも手掛けている事が印象的でした。

続いて近隣にあるアンスティチュ・フランセを訪問しました。
一般開放されている図書館、映画上映ホール、仏語書籍の店など歴史の古さを感じさせる施設でした。



ブリティッシュ・カウンシルにて
【政経学部・松井ゼミ】欧州の対外広報戦略を考える校外学習

アンスティチュ・フランセにて
【政経学部・松井ゼミ】欧州の対外広報戦略を考える校外学習


最後に、千鳥ヶ淵地区にあるイタリア文化会館を訪れました。

「あなたに一番近いイタリア」というキャッチフレーズにあるように、都内にあってイタリアの雰囲気を味わう事ができる貴重な場所となっています。

イタリア文化会館にて
【政経学部・松井ゼミ】欧州の対外広報戦略を考える校外学習


欧州の対外広報戦略という視点から見ると、3施設共に当該政府公認の機関として言語学習・芸術・食文化などの文化面を中心に積極的な情報発信を行っている点で共通しています。
各言語(英語・仏語・伊語)の学習コースや日本から留学するための情報提供の他、数多くのイベントが開催されています。

物理的に欧州に行かなくても、これらの施設を活用する事で英仏伊3か国についての知見を深める事が十分可能です。
皇居周辺には、他にもスペインのセルバンテス文化センター東京(麹町、5月の校外学習で訪問)、ドイツ文化センター(赤坂)といった施設が存在します。

今後もこのような形で、身近にある施設を有効に活用する形での校外学習を行ってゆきたいと考えています。

【政経学部・松井ゼミ】欧州の対外広報戦略を考える校外学習

掲載日:2016年07月06日

ホーム > 政経学部 > 政経学部情報NOW! > ニュース > ゼミナール > 【政経学部・松井ゼミ】欧州の対外広報戦略を考える校外学習

このページの先頭へ