政経学部

ホーム > 政経学部 > 政経学部情報NOW! > ニュース > 教育 > 【政経学部】「外務省外交講座・日米経済関係-TPPと米国大統領選挙-」が開催されました

ニュース

【政経学部】「外務省外交講座・日米経済関係-TPPと米国大統領選挙-」が開催されました


12月8日に政経学部の日本外交史Ⅱ(浜口裕子教授担当)の授業において、外交講座が開催されました。

今回は外務省北米局北米第二課企画官兼北米経済調整室長の樋口惠一さんがいらしてくださり、 「日米経済関係-TPPと米国大統領選挙-」というテーマでお話しいただきました。

政経学部 「外交講座」が開催されました

樋口さんは最初に簡単に外務省の仕事とご自身の経歴について紹介された後、最近の日米関係について、経済的な状況(貿易、投資等)、 TPPの意味するものと協定交渉、大統領選挙の概観とトランプ次期政権が掲げる政策、等について、 ところどころにご自身の経験を交えてお話しくださいました。

豊富な数字と具体例が示され、米国にとっても日本との経済関係がいかに重要であるか、TPP協定が発効されればその経済効果がいかに大きいか、 トランプ次期政権が動画で出している政策はいろいろあるが実現性がどれだけあるかは未知の部分が多い、等のことを理解することができました。

政経学部 「外交講座」が開催されました

また、最後には学生の質問時間をとってくださり、質疑応答が行われました。
日米関係は「日本外交史」の通常授業でも取り上げられているのですが、この外交講座によりより詳しく、 またまさに日本外交の現場で活躍する方のお話しにふれるという貴重な機会を得ることができました。



参加学生の感想

・日本とアメリカが経済的にどのようにつながっているかがよくわかりました。
・日本とアメリカ、そして世界が経済的にまとまろうとしているすごい時にいるんだと感じました。
・あらためて外交や交渉の難しさなどを知ることができた。外務省で働く方々の大変さがよく伝わった。
・大統領選でトランプ氏が当選したことにより今後の経済にどのような影響をもたらすのか非常に興味があったので、とても知識が深まりました。
・外務省の仕事に様々な分野があると聞き、とても関心を持ちました。
・トランプ氏が次期大統領になるということで日本だけに限らず世界各国との政治、貿易上において外務省がこれからどのような対応をしていくのか非常に気になりました。
・(外務省の広報活動について)もう少し外(国民)へ、こんなことをやってますよ的なアピールがほしいです。

掲載日:2016年12月16日

ホーム > 政経学部 > 政経学部情報NOW! > ニュース > 教育 > 【政経学部】「外務省外交講座・日米経済関係-TPPと米国大統領選挙-」が開催されました

このページの先頭へ