HOME政経学部NEWS
2017年12月22日ゼミナール

【政経学部】宮下量久准教授が第26回租税資料館賞を受賞

政経学部経済学科・宮下量久准教授の著書『「平成の大合併」の政治経済学』(勁草書房)が第26回租税資料館賞「著書の部」に選定されました。租税資料館賞とは、財政や税と関連の深い学術の研究を助成するため、優れた著書や論文に対し、公益財団法人租税資料館による厳正な審査を経て毎年表彰されるものです。

2017年11月28日(火)、東京・新宿区のリーガロイヤルホテル東京で授賞式が行われ、宮下准教授に表彰状が贈呈されました。選評理由は、租税資料館ウェブサイトに掲載されています。
 

20171222miyashita_seminar03

受賞作『「平成の大合併」の政治経済学』
(中澤克佳氏との共著)
出版社:(株)勁草書房
出版年月:2016年6月

20171222miyashita_seminar01

表彰の様子

20171222miyashita_seminar02

受賞者との記念撮影(前列右から3番目が宮下准教授)

TOOLS