HOME政経学部NEWS
2017年05月29日ゼミナール

【政経学部】浅野ゼミナール 春合宿報告

2017年度浅野ゼミナール春合宿が5月13日から14日にかけて、神奈川県足柄下郡箱根町にて行われました。今回のゼミ合宿では、1年生から4年生の計31人が参加し、親睦を深めることができました。

20170529_asano_seminar_01

箱根高原ホテルで記念撮影
茗荷谷駅から箱年に向かうバスの車中では、ゼミ生同士が学年の垣根を越えて、和気藹々な雰囲気の中で、様々な話をしながら過ごしました。昼の休憩で立ち寄った海老名サービスエリアでは、名物のメロンパンを行列に並んで購入しました。
 
宿泊先である箱根高原ホテルに到着後、ゼミ生同士の顔合わせを兼ねて、1年生から4年生まで一人一人自己紹介をしました。その後、夕食の時間までは、各々自由に過ごしました。生憎、雨だったため、箱根を観光することは難しかったのですが、ホテルの近所で箱根そばを食べたり、温泉を楽しむなど、普段はあまり話ができないゼミ生同士でゆっくりと時間を過ごしました。

20170529_asano_seminar_02

自己紹介の様子

20170529_asano_seminar_03

箱根の様子
夕食時には、旅館のご飯を皆でテーブルを囲んでいただきました。食後には、ホテルの露天風呂に皆で長湯をしながら、様々な話をしながら過ごしました。

入浴後はビンゴ大会と懇親会を開催し、ビンゴ大会では様々な賞品が用意され、大いに盛り上がりました。懇親会では、就活中の四年生が後輩達に就職活動の体験談を話したり、進路の話、そして恋話など様々な話ができ、時が経つのを忘れるほどでした。

20170529_asano_seminar_04

懇親会の様子

20170529_asano_seminar_05

3年生のゼミ生たち

20170529_asano_seminar_06

ビンゴの景品

20170529_asano_seminar_07

進路相談?

20170529_asano_seminar_08

懇親会の様子

20170529_asano_seminar_09

ビンゴの景品
翌朝、朝食を済ませたのち、ホテルの前で集合写真を撮りました。好天に恵まれたため、ゼミ生同士で箱根神社など箱根観光を楽しみました。普段の学生生活では、限られた友人としか話ができないことが多いのですが、合宿では、学年を超えてゆっくり様々な話ができたことが最大の魅力だと思います。非常に有意義な合宿ができて良かったと思います。
(文責:商学部 国際ビジネス学科 3年 岸澤弥生)

商学部 経営学科 2年 中村茜

今回、春合宿の幹事を務めてくださった3年生の先輩方、とても楽しく有意義な時間をありがとうございました。毎週必ずゼミで会う同学年の人達でさえ一度も話したことの無い人が多く、初対面の人と話すことが苦手な私にとって、春合宿のスタートは緊張と不安でいっぱいでした。しかし、他学年の先輩後輩方の自己紹介を聞いているうちに、浅野ゼミ全体のとっても明るく楽しい雰囲気を感じることができ、参加できたことを嬉しく思いました。ビンゴ大会など楽しい企画もあり、笑いの絶えない幸せな二日間でした。先生、先輩方、後輩方、同学年の方みんな優しく面白くて、家族みたいだなと思いました。普段はあまりできない、先生や先輩方とお話しできる機会もたくさんあったので、いろいろなお話を聞くことができ、楽しかったです。ゼミは確実に自分の視野を広げることができると感じました。同学年のみんなとも次第に仲良くなることができ、春合宿以降、ゼミナールの時間は毎週楽しみです。

政経学部 法律政治学科 3年 河野希積

今回の合宿では同学年だけでなく1、2年生や4年生も参加しており、ゼミ全体としての貴重な交流の機会となりました。私は拓殖大学北海道短期大学からの3年時編入生のため、あまり学校に慣れていない中での参加でしたが、私は先輩からの授業やゼミなどへのアドバイスなど参考になる話や、自分の生活、趣味の話などをして過ごし、ある程度打ち解けることができたのではないかと思います。今回の合宿の経験や交友関係を活かし、充実した学生生活を送れるように頑張りたいと思います。

政経学部 経済学科 4年 大庭一晃

春合宿は、普段関係を持つことの少ない2年生を中心に3年生とも交流が出来る数少ない機会の1つです。企画した3年生にはとても感謝しています。飲食を通して悩み相談を受け、意外な一面を見せてくるメンバーが多く非常に笑いの絶えない合宿でした。普段は真面目に学勉に取り組むメンバーですが、遊ぶ時は遊び、とてもメリハリのあるゼミナールだと再認識しました。

TOOLS