政経学部

ホーム > 法律政治学科

法律政治学科

法律政治学科の概要

世の中のルールを学び、
暮らしやすい
社会の創造をめざす。

社会を形づくる法律と政治の両方を、多様な側面から学べるカリキュラムです。教員が先行するテーマはまさに多種多様。現在社会が抱える法的課題から、地方行政や国際関係に関するトピックまで、興味のあるテーマを徹底して追求することができます。リアルな問題を学ぶことで、社会に活かせる実践力が身につくことも本学科の特徴です。



基礎から学べるカリキュラム

基礎から学べるカリキュラム
多様な法律の専門知識を段階的に修得できます。

法律の柱となる憲法、民法、刑法から、行政法や商法、また環境法など、多様な法律の知識を基礎から学習。具体的な判例を取り上げ、法と社会の関わりを実感しながら学べます。


多彩な科目を開講

多彩な科目を開講
国内外の政治の仕組みを多角的にとらえます。

地方自治体や国家の政治の仕組みを、組織や政策、外交交渉など多様な側面から学んでいけるようにしています。日本だけでなく、世界が抱える問題についてもアプローチします。


少人数制を徹底

少人数制を徹底
きめ細かな指導を通して専門領域を深く学習。

専門分野の授業は基本的に少人数制を徹底。関心のあるテーマを研究できるゼミも少数精鋭で取り組みます。双方向型授業での活発な討論などを通じて論理的な思考力を鍛えます。


法律政治学科からは、こんな未来が広がります。

、こんな未来が広がります

法律と政治を学ぶことで身につけられる「法的思考力」や「政策立案能力」は、あらゆる業界で求められる力です。また、伝統的に公務員試験に強いのも本学部から広がる進路のポイント。これまでも地方や国家の行政の現場へ数多くの卒業生が進出し、豊かな社会の創造に貢献しています。

ホーム > 法律政治学科

このページの先頭へ